SECCON2016 ビジネスカンファレンス来場登録

businessconf

日時: 2017年1月27日(金)13:00~17:30 (受付開始12:00)
参加費: 無料
会場: 東京電機大学千住キャンパス 丹羽ホール(北千住駅徒歩1分)
お問い合わせ先: E-mail :seccon16-info@f2ff.jp

♠ 聴講希望セッションにチェックし、必要事項をご入力ください。

13:00 - 13:10
ご挨拶
SECCON実行委員長
竹迫 良範
13:10 - 14:10


登録はこちらをチェック
人工知能の最後の敵~人工知能は攻撃者のしもべとなるか?
第一弾:人工知能の実装と防御。
第二弾:数理モデルへの攻撃と防御。
SECCON業務開始式を皮切りに続く人工知能パネルの第三弾は、人工知能を使った
攻撃について考察します。考察から見えてくる人工知能の「最後の敵」とは?乞うご期待。

国立研究開発法人情報通信研究機構
セキュリティ人材育成研究センター、
SECCON実行委員事務局長
園田 道夫
長崎県立大学
准教授
松田 健

 

日本アイ・ビー・エム株式会社
IBMセキュリティー事業本部 セキュリティー・サービス事業部
大津留 史郎
日本アイ・ビー・エム株式会社
グローバルビジネスサービス事業
クラウド・アプリケーション・イノベーション アプリケーション開発・保守事業部
先進技術・自動化ソリューション統括
田端 真由美
14:25 - 15:05


登録はこちらをチェック
セキュリティ監視サービスって必要なの?

MSS事業者におけるセキュリティオペレーションセンター運用経験をもとにMSS事業者の運用役割や、これから目指していくべきと考えるSOCサービスを
紹介します。
セキュリティ監視の実装や拡張・拡大を検討されている企業・組織のご担当者様の検討材料として、少しでも参考にしていただければと幸いです。

株式会社アズジェント
セキュリティ・サービス部
川又 利雄
【提供】株式会社アズジェント

15:20 - 16:00


登録はこちらをチェック
「今、SOCが求めるのは"優秀な人材"なのか、"システムによる自動化"なのか?」

近年、高度化を続けるサイバー攻撃に対抗するため、SOC(セキュリティオペレーションセンター)を構築する企業・組織が増えています。
SOCでは、インシデントの監視、検出、対処を24時間365日で行うことはもちろん、新たな攻撃や脆弱性に対応するために最新情報の収集、分析なども行う必要があり、それらの業務を担う人材にはこれまで以上に高いスキルが求められるようになってきています。
本セッションでは、「今、SOCが求めるのは優秀な人材なのか、それともシステムによる自動化なのか」をテーマに、IIJの人材育成をはじめとしたSOCに関する実際の取り組みを交えてお話をいたします。

株式会社インターネットイニシアティブ
セキュリティ本部 セキュリティビジネス推進部 セキュリティオペレーションセンター
課長代行
中嶋 功
【提供】株式会社インターネットイニシアティブ

16:15 - 17:15


登録はこちらをチェック
どうしてこんなにセキュリティをやらないといけないことになってしまったのか?

昨今当たり前のように多発するセキュリティインシデント。それを事前に防ぐことができれば、楽に越したことはない。
ただ人間がかかわっている以上、インシデントは起きるもの。
今後永遠の課題ともいわれるセキュリティに関して、ユーザー視点の丸山氏とベンダー視点の河野氏が様々な切り口で討論します。
さらに、現状の課題から見える社会や企業の問題点、今後の人材についても提議し、こんなにセキュリティをやらないといけなくなってしまったのか、
その問題点を探ります。

株式会社ベネッセインフォシェル
代表取締役社長
丸山 司郎
株式会社ディアイティ
クラウドセキュリティ研究所 所長
河野 省二
17:15 - 17:30
クロージング

※入力必須項目

■ お客様の情報をご記入下さい。
お名前
お名前フリガナ カタカナでご記入ください。
会社名
部署
役職
 例:000-0000
都道府県
市区町村
丁目番地
ビル名
電話番号  例:00-0000-0000
FAX
メールアドレス

※入力必須項目

■ アンケートにご協力ください。
SECCONのことはご存知でしたか?。
『関与度』(製品・サービスへの)をお聞かせください。
『イベントを知ったきっかけ』をお聞かせください。

  

個人情報の取扱い

SECCON 実行委員会(NPO日本ネットワークセキュリティ協会)では、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守し、SECCON(以 下本イベント)の大会運営に利用する個人情報を適切に管理し機密性・正確性を確保することが、重要な責務であると考えております。

SECCONの運営は、SECCON運営事務局である株式会社ナノオプト・メディアに委託します。
株式会社ナノオプト・メディアは、自ら定める 「個人情報保護方針」及び「プライバシーポリシー」に沿って、収集した個人情報について適切な管理を行います。株式会社ナノオプト・メディアの「個人情報保護方針/プライバシーポリシー」をご覧ください。

  1. 登録いただいた情報は、本イベントの運営管理、並びにSECCON事務局から案内に使用します。
  2. 同イベントの協賛企業・団体によるスポンサーセッションに参加、登録およびセッション資料のダウンロードをされる場合、個人情報(名刺情報等)は、当該セッショ ン提供企業および団体(*)に提供されます。提供された個人情報は、当該セッション提供企業/団体の管理責任の下、当該企業/団体の個人情報保護方針またはプライバシーポリシーに沿って製品やサービス、セミナーなどのご案内(メールマガジンや郵送、電話、FAXなどによるご案内を含みます)をする場合がございます。
    (*)当該セッション提供企業/団体とは、スポンサーセッションを提供する企業または団体であり、当該セッションの講演者所属企業とは限りません。